はがき、封書の値上げについて

Didgeman / Pixabay

10月からのはがき、封書の値上げについて

 

2019年10月1日より消費税率が8%から10%に上がる分を転嫁され、

郵便物の送料が値上がりします。

ここ数年で3度値上げがあったので、送料を間違えそうです。

手紙(25グラム以下の定形郵便物)の郵便料金

 現行82円→84円

はがき

 現行62円→63円

封書も気になりますが、やはり、ハガキの値上がりが気になりますね。

はがきを安く買う方法

チケットショップで購入する

すぐに思いつくのはチケットショップでしょうか。

先日 かもめーるが59円で販売されていました。

かもめーるは62円なので、1枚に付き3円安い計算になりますね。

くじ付きなので、くじが当たる楽しみもあります。

1枚に付き、3円安いので、

はがきが63円になったら、60円で販売される計算になります。

切手も同じように少し安くなっているので、まとめて買えばお得です。

金券ショップでは、記念切手のほうが、普通の切手よりも安い傾向があります。

今使っている62円のハガキがあまったら、1円切手を貼らなければならなくなります。

その時使う1円切手も金券ショップで買ってしまいましょう。

わずかですが安く手に入ります。・・・

ヤフオク メルカリで購入する

すぐに処分したいのか、

額面の95%くらいで売られているのをよくみかけます。

 

web応募やLINE応募で通信費を節約しよう

最近増えてきたweb応募。

今まではレシートをはがきに貼って応募していたものを、

レシートを撮影してwebやLINEで送信して応募するものです。

応募する方法が2通りあれば、ぜひネットから応募してみましょう。

通信費が定額制だと実質無料になります。

懸賞を開催している企業側も、ハガキよりデータ処理がラクだと思うので、

これからはどんどん増えていくと思われます。

つまり、ハガキを安く手に入れるのではなく、

ハガキを使わずに応募する件数を増やせば、かなり負担が減りますね。

値上げより負担になるのは

ハガキが高くなることより、負担に思うのは、1円切手を貼る手間です。

62円のはがきに1円の切手を追加して貼らないといけないし、

貼り忘れたら 返されます。

せっかく応募したのに・・・

ハガキだけでなく、

50円切手や 52円切手 62円切手がまだ我が家にはたくさんあるので、

それを消費したいのですが、

キャンペーンはがきなどはあまりべたべた貼れる

スペースの余裕がないので、

どんどん古い郵送料の切手が貯まってしまっています。

願わくば

これから 懸賞を主宰する企業さんは

応募ハガキの切手を貼る欄を広くとってほしいです。

まとめ

通信費の値上げについて

思うところを書いてみましたが、いかがでしょうか・・・

通信費を安く上げるためには

①はがきや切手は、金券ショップで少しでも安く購入する。

②ヤフオクやメルカリなどのオークションサイトで安く購入する。

③ハガキ応募とweb応募 2通りの応募方法がある場合は、webから応募する。

ほかにも何か思いついたら 追加していく予定です。

 

スポンサーリンク